誰もが経験するお葬式!絶対に失敗しないポイントは?

お葬式を素敵にデザイン!家族と本人が気をつけるべきポイントは?

お葬式を素敵にデザイン!家族と本人が気をつけるべきポイントは? お葬式は誰もが一度は主役となる儀式でもありますが、どうしてもネガティブなイメージが拭えない部分があります。そのため、いざその時がおとずれるまで具体的なことは考えたくない、できればぎりぎりまで遠ざけておきたい、という心理が少なからず働く傾向があります。ただ、社会という枠組みのなかで生きているかぎり、お葬式とまったくの無縁なまま暮らしていける人は少なく、ほとんどの人は一生のうちに何度かお葬式というものにかかわることになります。

大勢の参列者の中のひとりであったり、大切な人を見送る立場であったり、あるいは自分自身が喪主になったりと、葬儀との関わり方はその時々によって異なります。いずれの場合であっても、お葬式には一連のマナーがつきものです。それらをひと通り身につけておくことは、大人としてのたしなみでもあります。

このコラムでは、意外と聞くことのできないお葬式の細かいマナーや、それぞれの意味についてまとめました。普段あまりお葬式に参列する機会のない人は、予備知識としてぜひ参考にしてください。お葬式の主役は言うまでもなく見送られる故人ですが、最後のお別れを後悔のないようにつつがなく行うためには、健康なうちから理想の葬儀について具体的にイメージすることも大切です。

そうしようと思っていてもついつい先延ばしにしてしまい、結果的に希望を伝えることなく亡くなってしまう、ということも少なくありません。しかし、そのような消極的な関わり方では、人生のエンディングを納得いくかたちで迎えることができず、家族と葬儀社の都合ばかりが優先された葬儀になってしまう可能性もあります。もちろん、「葬儀はたんなる儀式である」と割り切ってしまうのもひとつの考え方ではありますが、せっかくそれなりのコストをかけて行うわけですから、100パーセントとは言わないまでも、ある程度は自分の理想を反映して、納得のいく葬儀をデザインしたいものです。

ここでは、心から満足できる葬儀にするために、最低限おさえておきたいポイントや予想されるトラブル、葬儀社選びの注意点について述べています。これから葬儀を取り仕切る立場になる人も、今まさに終活に取りかかっている人も、自分は若いから葬儀はまだまだ縁遠いと思っている人も参考になるでしょう。葬儀にまつわる興味深いトリビアも取り入れていますので、お葬式の知識の一つとして、必要な際に役立てることもできます。

最新記事